保険金額の設定
保険金額は「評価額」を参考に設定されることをお勧めします。保険金額が保険の対象の「評価額」より低すぎると十分に保険金をお支払いできない場合があり、また保険金額が「評価額」より高すぎると保険料のムダとなる場合がありますのでご注意ください。
◆保険金額が評価額より多いため、保険料がムダになる例
mudarei
<ご注意ください>「評価額」は物価の変動(新価の場合)や、年数の経過(時価の場合)により変わっていくことがあります。契約更改の都度(長期の場合は定期的に)保険金額の見直しが必要になります。