火災保険・比較・地震保険・住宅ローン向け火災保険

火災保険、比較のことならエーアイ横浜へ
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
お見積りはこちら
火災保険
ホーム
補償内容
オプション
ご契約にあたって
お見積もり・お問い合わせ
地震保険
地震保険とは
お支払い例
運営会社
会社概要
プライバシーポリシー
勧誘方針
リンク
引受保険会社
AIU損害保険株式会社
AIU保険会社

AIU保険承認番号
AIU-首-16-560007
弊社はAIU損害保険株式会社の契約締結の代理権を有しています。

取扱代理店:
株式会社エー・アイ横浜
〒246-0022
神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境
1-5  ヒルトップ壱番館503号
TEL: 045-360-7626
  info@ai-y.com

比例てん補とは?
現在の火災保険、どのように入りました?(新築の方はこれからどうやって入ります?)
建物や家財の補償額ですが、
◆きちんと評価しましたか?
◆融資と同じ金額で入っていませんか?
◆災害時に支払ってほしい金額で入っていませんか?
◆ご加入以来、保険金額(補償金額)の見直しをしていないのではないですか?
どれか1つでも当てはまった方。心配です。
何がって??
比例てん補にならないか心配なんです。
<従来の住宅総合保険の場合>
例えば、20年前に2,000万円で家を買いました(土地含まず)。
現在の価値(時価額)を「1,500万円」とします。
しかし、この位補償されればいいかなと
「1,000万円」の火災保険に加入しました。

この家が火災にあい半焼し、
損害が「1,000万円」生じたら保険金はいくら支払われるでしょうか?
損害が1,000万円。加入していた火災保険も保険金額1,000万円。
あー良かった良かった・・・・・・・・ではないですよ。
1,000万円×1,000万円/1,500万円=約667万円しか支払われません。
もう一度言います。
損害額1,000万円ではなく667万円しか支払われません。
これが「比例てん補」です。

では、逆に保険金額を時価額でつけるとどうなるか?
上記の例で時価額が2,000万円の建物に3,000万円の保険をつけても2,000万円しか支払われません。
これが「超過保険」です。

このような「比例てん補」や「超過保険」を避けるために住宅総合保険では適宜保険金額の見直しする必要があります。現実はなかなかできません。

AIU保険会社のスイートホームプロテクションでは、新価(再調達価額)実損払(保険金額が限度)で復旧することができます。

※再調達とは、建物を修理または再築すること、家財を修理または新品を購入することをいいます。

 
※2017年1月1日現在(補償内容や保険料が改定となる場合があります。)
このホームページは保険の概要をご説明したものです。詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、 弊社にお問い合わせください。また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書を必ずご覧ください。
■ エー・アイ横浜が運営するサイト一覧 ■